レビトラ情報一覧|激安販売サイト

レビトラが今激安価格で販売されています。

レビトラジェネリック・国産ジェネリック

レビトラジェネリック・国産について


一般的にはED(勃起不全疾患が)高齢者のようなセックス不可能のような疾患で、今で年齢では心配する必要がないというようなイメージが多いでしょう。そのために、2014年5月19日、日本のジェネリック薬品製造メーカーが待ちに待った薬が発売されました。バイアグラのジェネリック薬「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」です。発売したのは、日本のジェネリック薬品の大手「東和薬品株式会社」です。


「バイアグラ」「物質特許」の構成要素である「シルデナフィル」が2013年に、「用途特許」の勃起不全の治療は、バイアグラでは2014に有効期限が切れた特許期間が満了しますので、正式に任意の製薬メーカーに「バイアグラジェネリック」を製造することができます。それは「解禁」です。「解禁」されるには特許期限の満了だけでなく、「薬剤の安定性」と「生物学的同等性」を証明し、厚生労働省から製造販売承認を得た後に発売を開始できるんですね。ただ、今回発売された「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」は1錠の価格が1200円と、案外高めの金額でした。水無しで飲むことが出来るOD錠という事を差し引いても、けっして安いとは言い難い価格ですよね。ちなみに、2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」の価格は1000円と少し低価格になっています。インド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」ですと、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円になります。 


いくら国産の安全性を誇るとは言っても、輸入品の3倍以上の価格となると、はたして購買意欲が起きるかどうかは微妙な所ですね。それでは、「正規品」を扱っている業者を見分けるにはどのような点に注意をしなければならないのか3つのポイントを紹介します。